歴史と進化

1919年(大正8年)の創業以来、共同水産は東京の築地市場(中央卸売市場)で水産物の卸売及び加工販売に携わってまいりました。2019年をもって、弊社は100年企業となりました。一世紀にわたる「歴史」と「進化」についてはこちらをご覧ください。

詳しく見る
わたしたちの強み

わたしたちの強み

弊社は、高級ホテルやレストランとの取引も豊富です。安心・安全で質の高い商品を提供できるよう、築地市場内で鮮魚を加工し、自社の配送システムで迅速に出荷しております。オリジナル商品の企画販売に関してもお気軽にご相談ください。

詳しく見る

MSC認証とASC認証を受けた水産物の取扱が可能

西京漬
西京漬

世界の水産物生産量は増加し続けており、天然魚の過剰漁獲や養殖の拡大が生態系に悪影響を及ぼしつつあります。
そこで、先進的な漁業者は、自らが環境に大きな負担をかけない持続可能な漁業であることを示すため、天然魚においてはMSC(Marine Stewardship Council)認証を、養殖魚においてはASC(Aquaculture Stewardship Council)認証を取得し、「海のエコラベル」を表示する取り組みを行っています。

弊社は、この「海のエコラベル」が表示された水産物を、非認証の水産物と区分して確実に流通させることができる管理システムを有する企業として「CoC(Chain of Custody)認証」を受けているため、「海のエコラベル」が表示された商品の取扱が可能です。

  • 共同水産採用情報
  • 会社概要
ページトップへ