「歴史」と「進化」

創業一世紀の実績と信頼

共同水産

創業は1919年(大正8年)。近海物を扱う問屋兼仲買を営んでいた安倍小治郎が、日本橋魚河岸にて共同水産を創業したのが始まりです。最新の貨物輸送による集荷でカムチャッカより鮭鱒を輸入したり、ニシンの漁法の改善によって北海道漁村の生活改善に貢献したり、塩数の子を発案したりと、創業者である安倍の活躍は多岐にわたります。また、冷蔵庫の普及を見越して製氷工場の建築と営業を行うなど、画期的な事業展開を通じて魚市場の制度的近代化を推進。さらに、関東大震災で日本橋魚河岸が焼失した後は、築地市場への移転を進めるなど、商売のみならず、水産業界ひいては社会に大きく貢献した人物として知られています。
当時、共同水産の売上は魚河岸総売上の一割に達するとまでいわれていました。

共同水産の「歴史」

大正8年10月 日本橋魚河岸にて共同水産 創業
昭和10年 商号を中央卸売市場共同水産株式会社と変更
昭和30年5月 商号を共同水産株式会社と変更
昭和36年3月 中央卸売市場大卸 築地魚市場株式会社の系列に参加
平成19年4月 同じ築地魚市場株式会社の系列会社である築地食品株式会社と合併

一世紀にわたる歴史と実績は、お客様に安全・安心な水産物をお届けしてきた信頼の証です。
共同水産は、これからも新しい試みに通じて、水産物の供給量増加に貢献していきたいと考えています。

共同水産の「進化」

天然魚を一次加工してご提供いたします

天然魚を一次加工してご提供

マダイの例

マダイの例
マダイの例

共同水産では、季節ごとの天然魚の一次加工(凍結・炙り加工など)に対応。特に、下処理加工の処理速度には自信があります。例えば、6kgの天然ブリをエラ・腹抜き加工する場合なら、わずか1時間で180尾を加工処理することが可能です。ブリやマダイ、スズキ、イシダイ、アマダイなどだけでなく、マグロやアンコウなどの大型魚種の加工にも対応しております。
これもすべて、魚のことを知り尽くしている共同水産のスタッフだからこそ成せる技です。

二次加工に対応し、プライベートブランドも展開しています

天然魚を一次加工してご提供 天然魚を一次加工してご提供
天然魚を一次加工してご提供

自社加工場を保有している共同水産では、二次加工のご要望にもお応えしております。
また弊社では、西京漬、粕漬、オイル漬、辛子明太子などのプライベートブランドを展開。厳選された食材を新鮮なうちに加工することで、旨みをぎゅっと閉じ込めることに成功しました。弊社のプライベートブランドは百貨店のみの取り扱いとなりますが、数多くのお客様からご愛顧いただいております。

共同水産は、これからも新しい試みに挑戦し、水産物の供給量増加に貢献してまいります。
ページトップへ